【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い)

【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い)

11007円

【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い)

【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い):私たちの店内営業チームは、すべての顧客の個人的なニーズと予算を確実に理解し、技術を購入する際に最良の選択をするのを支援します。 即納,人気,新作販売【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い)
fc2ブログ

酒とソラの日々 / Lazy Days of Liquor and the Skies

酒のこと、空のこと、写真のこと、しーちゃんのこと、北海道のこと、気象のこと、映画のこと、詩のこと

【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い)

6 Comments
さえき奎(けい)
昼と夜の境目を漂う尾流雲「昼と夜の境目を漂う尾流雲」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight
 一週間前の日没直後、西の空に浮かぶいくつもの雲塊が尾流雲となって気流に煽られ長い尾を引いているのが見えた。ちょうど雲頂部だけが地平下の陽に照らされて赤く染まり、尾の部分は黒い帯となってたなびいていた。「写真は斜光に限る」というのはセオリーなんだが、こういう昼と夜の境目という正にボーダー上のイベントを撮影出来る機会はそうそうあるものではない。おそらく俺の日頃の善行の賜物に違いない(笑)。

 報道によると、ドイツでは武漢肺炎ワクチン未接種者の間で「大規模な流行が発生」しているそうだ。これらの患者による「一部地域の集中治療室(ICU)の病床が逼迫し始めている」とのことで、これは我が国でも大いに起こり得る事態だと思う。未接種の理由はいろいろあるだろう。持病などの理由で接種したくても出来ない人は別として、単なるものぐさによる未接種とか、パヨクやカルトな輩が盛んに煽り立てている新型ワクチンへのリスク懸念や陰謀論を信じ込んでいる連中とか、そんなヤツらが緊急事態宣言が解除されたことに便乗して大手を振って街に繰り出して来たらたまったものではない。ワクチンに限らず、あらゆる薬剤に副反応や副作用は起こり得ることは事実だが、現在まで世界中の人々に接種された状況を鑑みて、少なくとも武漢肺炎ワクチンの副反応に致命的な問題があるとは思えない。「接種の義務化」などというとまたパヨクが発狂するだろうが、未接種者が勝手気ままに行動することはもはや犯罪と言っても過言ではないと俺は思う。せめて「私は自分勝手な・・・・・理由による未接種者です」という札を首にぶら下げることを義務づけるか、それが駄目ならせめて正当な理由のない・・・・・・・・未接種者の氏名を公表するくらいの措置はやってもいいんじゃないだろうか。「俺はワクチン接種はしないが、感染したら入院・治療をしてもらいたい」なんて虫のいいことを考えている輩は、さっさと武漢肺炎発祥国へ強制移住させるべきだ!

 本日の午後遅く、南西の低い空に左幻日が出現した。ほんの一瞬の出来事だったが、うれしかったよ。ちょっと濃いめのハイボールを飲る口実が出来たから(笑)。





校門を急ぎ出て手を振る君にたちまち薫る放課後の風  (まるひら銀水)



君が去り開け放たれた教室のフェードインする窓のざわめき  (まるひら銀水)



君のペン走らせる音に聞き入れば喧噪遠し図書館の午後  (まるひら銀水)






にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事
スポンサーサイト



文化の日に全く文化的じゃない話を書いてみる ── 続・望夏日記 令和三年十一月三日(水)

12 Comments
さえき奎(けい)
密集・接近・分散「密集・接近・分散」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/1000sec., ISO100, WB:Daylight
 トップ画像は、高積雲(ひつじ雲)の雲片の密集度が変化して行く様子をワンカットで見られるという実に貴重で美味しい一葉だ(笑)。画像下半分は「隙間雲」状態だが、そこから上へ行くにつれて次第に雲片がばらけて「ノーマルな高積雲」に遷移して行っているのがお分かりいただけるだろうか。まあ、それだけのことなんだが(笑)。

 今日は「文化の日」だね。数日前にようやく気づいたんだが、疑心悪鬼で本当に祝日なのかどうかちょっと調べてしまったよ(笑)。そういえば、今年の変則祝日はもう終わったんだったね(笑)。ということで、間違いなく祝日であることが確認できたので、午前中ちょこっとだけお布団読書をやった。読んだのは、贔屓にしている歌人山崎聡子さんの新歌集『青い舌』だ。この歌集が7月に出ていたことをうっかり見逃していて、あわてて購入した。まあ、普通は一年やそこらでは品切・絶版になることはないとは思うが、注目されている歌人さんの場合には刊行早々入手困難になってしまうこともあるので要注意だ。第一歌集『手のひらの花火』以来8年ぶりになる第二歌集なんだが、クールとイノセントの間を揺れながら行き来するというそのユニークな感性は健在で、大いに触発された充実の一冊だった。

 ところで俺は煮魚が好きなんだが、中でも子持ちガレイの煮付けが大好物なんだよね。但し、俺は「身主卵従」派なので、「頭側」と「尻尾側」があったら絶対に尻尾側を選択する。まあ、子持ちガレイなら頭側を取るという「卵主身従」派の選択も理解出来る。しかし、煮魚に限らず焼き魚でも同様なんだが、よく言われてるように魚を頭側と尻尾側で二分した場合に「魚は頭の方が美味い」なんてのは売り手サイドが作り上げた陰謀と伝説で、それを信じ込まされた客や消費者の思い込みに他ならない(笑)。これは複数の板前さんやその経験者からも聞いているんだけど、そうでもしないと誰も頭側を食わなくなるからなんだよね(笑)。釧路生まれの俺が断言するけど、サンマ・サバ・カレイ・シャケ・ホッケなどなど、魚は絶対に尻尾側の方が美味いんだよ。まあ、厳密に言えば「腰周辺」が味も食感もベストなんだが、魚類の生物学的構造から考えてみても、この部分がイチバン美味いに決まっているからさ。但し、尻尾側の方が美味いといっても、尻尾側の末端部分が美味いとか頭側のカマの部分が不味いとか主張している訳ではない。あくまでも半身を二等分した場合の頭側と尻尾側の身の比較をしているだけなので、その点は誤解のなきよう(笑)。話を戻すと、美味い不味い以前の決定的問題として頭側は可食部分が少ない(全長を均等に二分した場合、頭側の可食部分は尻尾側のせいぜい50%だ)ことに加えて身に内蔵のえぐ味が移っていてクソ不味いんだよね(笑)。スーパーで売ってるシャケの冷凍切り身なんかでも、嬉々としてわざわざ内蔵部分が大きくえぐれた頭側を買って行く人が多いんだけど、あまりにもお目出度くてこっちが嬉々としちゃうよ(笑)。俺なんかは、定食屋で例えばサバの味噌煮なんかをオーダーする場合には「尻尾側にして!」と必ず念押ししていた(笑)。もっとも、これは「頭側にするか尻尾側を取るか」という選択権がある場合だけに生じる問題であって、丸ごと一尾とか半身を丸々召し上がる分にはそったらことは全然関係ないんだけれどね(笑)。ただ、その時には頭側と尻尾側でどちらの身が美味いか検証するチャンスではあるので、是非一度そのことを意識して食べ比べてしてみてほしいと思う。まず頭側の身を、次いで尻尾側の腰辺りの身を食べてもらえれば、俺の言うことが間違っていないと分かってもらえるはずだ

 数年前までは近所にバイキング形式の総菜専門店があって、そこで美味くてでかい子持ちガレイの煮付けを買うことが出来たんだが、残念ながら惜しまれつつ店仕舞いしてしまった。ショックだったよ。週一で必ず二切れを夕餉のメインにするのが楽しみだったのに、俺は一週間ほど泣き暮らした(笑)。今でも夢に見たりするんだよね(笑)。以来通販であちこちから取り寄せてみたりしたんだが、味はともかくどれもこれも「何でだろう?」というくらい小ぶりで薄っぺらい代物が多いんだよね。別に刺身にする訳じゃないのでマコガレイやナメタガレイなんて高級な種類である必要もないし、国産の浅羽ガレイでなくてもかまわない。近縁種で輸入物のシュムシュ(占守)ガレイ(北米産浅羽ガレイという品名で売られている)でも全然問題ない・・・というかこっちの方が身も厚く卵の大きいし煮付けには向いていると思うんだが、どうしてああいうでかい子持ちガレイの煮付けが通販では売ってないんだろう。おそらく、料理店や鮮魚店などでは売り物にならない端物・クズ物を集めて加工しているんだろうと思う(スーパーなどで売ってるサンマの蒲焼など、一般的に魚の加工品にはそのパターンのクソ不味いものが多いので気をつけた方がいいよ)。たまに店頭で大きな冷凍の切り身を見つけては自分で煮付にしてみるんだが、真鯛・金目鯛・赤魚などではそこそこのものが出来ても、カレイだけはなかなか美味く仕上がらない。そのうち圧力鍋を購入して再チャレンジしてみるつもりだが、煮魚は本当に難しいね。





君と観る鯨のとある標本パーツにもドギマギしない僕でありたい  (まるひら銀水)






にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
 
関連記事

夢見る頃を遥かに過ぎても ── 続・望夏日記 令和三年十一月二日(火)

6 Comments
さえき奎(けい)
巻積雲は飛翔する夢をみる「巻積雲は飛翔する夢をみる」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight
 本日の一葉は、ある日の午後遅く見かけた巻積雲(うろこ雲)から巻雲(すじ雲)が派生しているシーンだ。ただ、このシーンはほぼ頭上に近い上に高層雲のイベントなので、上下関係がわかりにくい。見方によっては、巻積雲から尾流雲を生じているようにも見える。まあ、巻積雲から生じる尾流雲は巻雲であることが多いからどちらでもいいと言えばいいんだが、こういうケースの同定について機会があれば専門家に教えを請うてみたいと思っている。

 所用で外出したついでに「不時現象」で皐月が咲いていたホームセンターに寄ってみたら、あの時ほどではないもののけっこうな数がまだ咲いていた。それで思い出した。もしかしたら記事で書いたような気もしないでもないんだが、今夏は十年ぶりくらいに我が家周辺でヒグラシが鳴くのを聞いたんだよね。あれには驚いたし、うれしかったよ。そうそう、今日は少々汗ばむような陽気だったせいか、何とアオゴキブリ(アオマツムシ)が鳴いているのを聞いた。さすが、中国渡来の虫だけあって逞しいなあ(笑)。

 ゴキブリと言えば、昨日の記事で書いた特亜三国のエージェント活動に精を出すあのオバさん、勤務実態のない公設秘書の給与1870万円を国から騙し取って詐欺罪で逮捕され、懲役2年執行猶予5年の有罪判決を受けているんだよね。最近では、自身の政治団体が、韓国人から政治資金規正法に抵触する「外国人献金」を受けていたという事件も発覚している。特亜とはズブズブの関係であることは周知の事実なんで特段驚きはしないけれど、世間を舐めきっているというか、ちょっと大胆だよな(笑)。まあ、そういうことで、このオバさんは押しも押されもせぬ立派な「前科者」なんだが、それでも這い上がって来て議員としてエージェント活動を続けていたんだから、ゴキブリ並みの生命力を持っていることだけは確かだ(笑)。もしかしたら、次の参院選で性懲りもなく 這い出てくる 立候補してくるかも知れない。その時はスリッパで思いっきり叩きつぶして、今度こそ完全に引導を渡してやってほしいと思う。それを賢明なる大阪府民の皆様に切にお願いするものである。





草原にふわっとふたりで寝転んで「あれが君の星」とか言ってみたい  (まるひら銀水)


念のためプラネタリウムで予習する 「あれが君の星」を噛まないように  (まるひら銀水)



「君の髪、風に揺れてるモラヴィアの草原みたい」とセカンドプラン  (まるひら銀水)






にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事

寝落ちの夢を破るBEEP! ── 続・望夏日記 令和三年十一月一日(月)

12 Comments
さえき奎(けい)
ある飛翔(その36)── 夕映えの疾駆「ある飛翔(その36)── 夕映えの疾駆」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight
 昨日は、プライベートな事情により多忙を極めていたため、一部お邪魔することが出来なかったフォロワー・読者諸兄姉の皆様のサイトがありました。ここに深くお詫び申し上げる次第です。

 トップ画像は先月のある日の日没直後、西の空に現れた細長い直線状の茜雲だ。地球防衛軍の攻撃で炎上して敗走する葉巻型UFO母船・・・ではない(笑)。もちろん地震雲などという与太話とも一切関係ない(笑)。飛行機雲でもないし、ロール雲というにはいささか細くて短いし、類推出来るような雲も周辺にないし・・・ということで、同定するのは諦めた(ユーザータグは一応ロール雲で入力しておくことにする)。とにかく、見てのとおりの槍のように「細長い雲」だ。

 今日から11月だね。2ヶ月毎の6枚綴りのカレンダーは最後の1枚になってしまった。別に俺が気が急いたりする必要は何もないんだが、年賀状の販売が始まったり、お節の予約がどうのとか大掃除便利グッズがこうのとかなどというウェブ広告が目につくようになると、何となく落ち着かない気分になるんだよね(笑)。

 さて、総選挙はパヨク、特に真正コミュニスト政党や偽装コミュニスト政党(立憲共産・・党だっけか?)やその熱心な支持者の皆様方には大変残念な結果だったね(笑)。もう審判が下ったことなので、あまりとやかくは言いたくないんだけど「あまり日本国民をなめるなよ!」とだけ申し上げておく。あ、そうそう、いささか遅すぎた感もあるんだけど、長らく特亜三国のエージェント活動をやって来たあのオバさんにようやく鉄槌が下った。この国が嫌いで嫌いでたまらないようだが、ここまで好き勝手に堂々と工作活動が出来る国なんてありゃしないんだから、日本って本当にいい国だと思って感謝してほしいよ(笑)。後は引退するなり、心の母国に帰国するなりして、静かに余生をお過ごしくださいね(笑)。ということで、特亜三国エージェント西日本代表のオバさんも落選したことだし、次の参院選ではあんたの番だからね。東日本代表のあの「二重国籍」「二重党籍」オバさん(笑)。西日本代表のオバさんも待ってるだろうから、楽しみにしていてよ(笑)。それにしても、そろそろ本気で「スパイ防止法」を制定しなきゃヤバいよ、マジな話で。国会内で他国のスパイやエージェントが大手を振って跋扈している国なんて、少なくともG7の中では日本以外にはないだろうな。まあ、それはそれとして、とりあえず今宵は酒が美味い(笑)。

 昨日はいろいろバタバタしていたこともあって、TVの開票速報を見ながら久し振りに寝落ちしてしまった(笑)。緊急地震速報のけたたましいBEEP音で目を覚ましたら、既に6時過ぎで窓の外は白々としていた。幸い俺の所では震度3で大したことはなかったんだが、このところ確かに地震が多いような気がするよね。震源が微妙に散らばっているのも何となく気になる。





いつまでも風頼みでは情けない LESSON 2 は僕が揺らすよ  (まるひら銀水)






にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事

【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い)

4 Comments
さえき奎(けい)
光なびかせて ── VHFアンテナのある空景 (その31)「光なびかせて ── VHFアンテナのある空景 (その31)」 Canon EOS 5Ds R, EF16-35mm F4L IS USM, f11, 1/250sec., ISO100, WB:Daylight
 昨日の俺の「クロゴ○○リ殲滅大奮戦記」について、フォロワー・読者諸兄姉から多くのコメントとアドバイスをいただいた。ここに改めて厚く御礼申し上げたいと思う。それにしても、あの昆虫に対する皆さんの関心の高さには驚いた(笑)。もしかしたら、みんなアイツが大好きだったりして、なんてことを考えないでもなかったよ(笑)。

 昨夜布団に入ってから、この戦闘を冷静に検証してみた。記事で書いたように最初はトニック、次いでムースを噴射してトドメを刺した訳なんだが、これって大東亜戦争開戦劈頭、英海軍の新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスを航空攻撃で撃沈したマレー沖海戦で日本海軍が採った作戦と同じなんだよね(笑)。あの時の日本海軍は、まず高高度からの水平爆撃で対空砲火に徐々にダメージを与え、それが弱まって来たところへ肉薄魚雷攻撃で両艦を仕留めた。俺も、まず遠距離から効果は弱いが噴射力が強いトニック攻撃でヤツの動きを鈍らせ、次いで近距離から効果は強いが噴射力が弱いムースを浴びせてトドメを刺したという訳だ。見事としか言い様がない作戦だった(笑)。え、そうだよ。もちろん単なる結果オーライなんだけど、それが何か(笑)?

 昨日より福島県いわき市「雨情の宿 新つた」で行われていた豊島将之竜王に藤井聡太三冠(王位・叡王・棋聖)が挑戦する第三十四期竜王戦七番勝負第3局は、中盤で後手番の豊島竜王が意表をつく新手を放つなど互角の展開が続いたが、戦端が開かれるや先手番の藤井三冠が怒濤の攻めで一気に豊島竜王を寄せ切って93手で快勝した。素人目には一見大接戦の激しい寄せ合いに思えるし、藤井三冠が絶体絶命のように見えた終盤の局面も、実は全て読み切っていたということなんだろう。最後は3四香という絶妙手(この一手には震えた!)が用意されていて、もう何度も書いているが、まさに鬼神のごとき強さを見せつけての完勝だった。これで対戦成績を3連勝として、四冠獲得まであと1勝と迫った。ちなみに将棋史上四冠は、羽生善治・谷川浩司・中原誠・米長邦雄・大山康晴の五名しか達成していない偉業だ。第4局は、11月12日(金)・13日(土)、山口県宇部市の「ANAクラウンプラザホテル宇部」で行われる。





〽ああああー の後の息が続かない で、嗚呼、嗚呼、嗚呼 君への讃歌  (まるひら銀水)






にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事

戦いすんで夜が更けて ── 望夏日記 令和三年十月三十日(土)

18 Comments
さえき奎(けい)
###▽富士工業/FUJIOH レンジフードファン スタンダード【BDR-3HLSD-6017】 600間口 ステンレス 前幕板付属 受注約2週【タミヤ】 1/10 電動RCカ― No.610 アクロショット (DT-03Tシャーシ) 【玩具:ラジコン:オンロードカー:組み立てキット】【1/10RC ツーリングカー】【TAMIYA 1/10 AQROSHOT (DT-03T CHASSIS)】<ミズノプロ>(軟式用)プロテクター【MIZUNO】ミズノ 野球 プロテクター (1DJPR110)*25トラスコ中山 KHK 融着平歯車NSU3-32 NSU332その他 (まとめ)ライオン事務器 デスクマット アクリル製硬質透明タイプ ダブル(グリーンマット付) 1190×590×1.8mm No.126 1枚【×3セット】 ds-2217745【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット スタンダードタイプ ショート VTR1000SP-1/SP-2 ゴールド HO051-012-0202 HD店ハワイアナス レディース サンダル シューズ Slim Crystal Glam SW Flip Flops White Metallic【中古】PRADA◆プラダ/ショルダーバッグ/レザー/ネイビー【バッグ】
【P】【代引不可】【個人宅配送不可】ESCO(エスコ) 10x20mm [EA858HE用]ダイス(長穴厚板用) EA858HE-49D[ESC070674]Mega Construx Pokemon Venesaur Vs. Beedrill Duel (海外取寄せ品)サンタ マリア ノヴェッラ・サンダーロ EDC 100ml (香水)セカンドステージ インパネパネル トヨタ シエンタ 170系 全3色 アクセサリー内装パーツLOTUS(ロータス)グレインフリー ターキーレシピ 小粒 5kg*ドッグフード/ドライフード/成犬/ロータス定番 コンカラー conqueror ルーツ ROOTS ネイビー【FLOI】■日立ツール 超硬 ノンステップボーラー04WNSB0650-TH 【4248040:0】その他 (業務用3セット) 【純正品】 Roland ローランド MAXインクカートリッジ 【ESL3-4MG マゼンタ/440CC】 ds-1911298
cos(x)の夕景「cos(x)の夕景」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f11, 1/125sec., ISO400, WB:Daylight
 昨夜のことだ。俺は何通かのプライベートなメールを書くためにPCに向かっていた。金曜の夜だから、ちょっと濃いめのハイボールで鼻歌ふんふんとほろ酔い気分の入り口あたりにいた(笑)。グラスが空になったので、お代わりを作ろうと立ち上がったら、ドアの前に何やら楕円形の黒いパッチのようなものがあるのが目に入った。ゴミかと思って腰を落としてよく見たら、何と目が合ってしまった。そう、それはクロゴ○○リと呼ばれるあのおぞましい昆虫だったのである(笑)。

 チャバネならまだしもクロだけは絶対に許せん(笑)。俺んは築○○年のあばら屋だが、ゴ○○リの発生だけは何とか抑えている。今年も春から夏にかけてチャバネは二度ほど出たんだが即駆除しているし、クロは一度だって見ていない。「な、なんで11月にもなろうという時になって出て来るんだ」と思ったよ(笑)。二階でもあることだし、繁殖はされていないはずなので、考えられるのは外部からの侵入だ(実は一般的にもこれが非常に多いケースなんだよね)。もしかしたらあれか・・・。今日ベランダで撮影している時に、いつもなら必ず掃き出し窓か網戸を閉めておくんだが、もう蚊はいないだろうという安心感から10分ほど開けっ放しにしてしまったんだよね。そうか、あの間に侵入したに違いない・・・。

 いやいや、原因究明や検証は後だ。何と言っても「今そこにある危機」に対処することが最優先だ。しかし、殺虫剤スプレーは階下に置いてあって、そこへ行くためのドアと俺との間にヤツがいる。下手にドアを開けて逃げられてしまっては元も子もない。何か殺虫剤の代わりになるもの、噴射するものはないか、俺は必死に考えた。素早く周囲を見回すと、ムースとトニックのスプレーが目に留まった。確か殺虫剤ではなくても、界面活性剤が含まれていれば窒息死させられるはずだ(食器用洗剤など)。もう一刻の猶予もならない。俺はとりあえずトニックのスプレー缶を手に取るとヤツに向かって一噴射した。気温もかなり低いので、さすがにヤツの動きもやや緩慢だ。逃げるヤツの背後からもう一噴射した。ヨタヨタと逃げるヤツを部屋の隅に追い詰めてから、さらにもう二噴射すると動かなくなった。

 仕留めたと確信した俺は、安堵してティッシュでヤツの死骸をつまもうとした。その瞬間ヤツはまた動き出した。しかも、ヤツが逃げようとする際に俺の人差し指ともろに接触してしまった。俺はおぞましさのあまりその場にのけぞり、全身に鳥肌が立った(若者よ、よく聞け! 「鳥肌が立つ」とはこういう時に使うんだ)。咄嗟にトニックではあまり効いていないと判断して、今度はムースを噴射してやった。「この野郎、死んだふりなんかしやがって!」と叫びながら一噴射、二噴射、トドメにもう一噴射、さらにダメ押しでもう一噴射・・・。ムースの泡にまみれてよく見えないが、さすがに今度は仕留めただろう。ティッシュの先を尖らせてツンツンしてみるがピクリとも動かない。ついに殺った。辛く苦しい戦いだったが、俺は勝った。(エレン・リプリー調で)やったぞ、エイリアンめ ゴ○○リ野郎め、 ハァハァ・・・(笑)。理髪店のような香りが漂う部屋で、俺は勝利の美酒に酔い痴れた(笑)。

 その夜、寝ている俺の顔をヤツが這い回る夢を見て、何度も目が覚めたのであった(笑)。





冒険も凡ミスもする ぼろぼろでぼうっとしてる僕の慕情は  (まるひら銀水)






にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事

「不時現象」は誰もうれしくない ── 望夏日記 令和三年十月二十九日(金)

10 Comments
さえき奎(けい)
Sky Roll 一丁上がり!「Sky Roll 一丁上がり!」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f8, 1/60sec., ISO400, WB:Daylight
 まずはトップ画像をご覧いただきたいん。日没直後に撮影した、波状高積雲なんだが、これってどう見てもロールしてるように見えないだろうか(笑)。もしかしたら、左隣に見えるやつも同じかも知れない。ロールしているといっても、モーニング・グローリーと呼ばれるロール雲とはまたちょっと違う、言うなれば空のナルトかな(笑)。まあ、雲は剛体ではないから(液体である水滴もしくは個体である氷晶の集合体)、様々なフォルムに変形しても決して不思議ではない。笠雲や吊るし雲など、時折マスコミで紹介されるようなド派手で目立つようなものでなければ、こういう現象は多くの人が気がつかないだけで日常的に起こっているんだよね。

 ところで、今季の関東地方は金木犀や皐月、はたまた我が家の庭ではの手檜葉ヒバが二度咲きして大いに驚かされたんだが、このように花の開花などの現象が、通常とは著しく異なる時期に起こることを気象学的には不時ふじ現象」と呼ぶそうだ。この不時現象は、植物の二度咲き・狂い咲きなどに限らず、例えばモンシロチョウが真冬に飛んでいたなどといった昆虫類の発生などについてもそう呼ぶとのこと。我が家周辺ではアキアカネやナツアカネが11月とか、稀に12月上旬あたりでも飛んでいることもあるんだが、これなどはそれほど特異で珍しい現象ではないらしい。暮も押し詰まったある冷え込んだ朝、ツマグロヒョウモンのメスが、日当たりのよいベランダで翅を広げたり閉じたりして身体を暖めている姿を見たこともある。植物や昆虫にとってみたら、自分の身に不時現象が起こることは決してうれしいことではないだろうし、大変気の毒な事態なんだろうなと思う。それを見ている人間だって憐れみを覚えて切ない気持ちになったり、天変地異の前触れじゃないかと不安になったりする。やはり自然は普通がイチバンだ。

 そういえば、俺ってサラリーマン辞めて家で仕事するようになってから、一度も風邪にもインフルエンザにも罹ったことがないんだよね。もちろん武漢肺炎にも(笑)。辞めるまでは、年に一度くらいは会社を休まなきゃならないくらいの熱を出して寝込んだりしたものなんだが、やっぱり人との接触が最たる感染源なんだということを実感するよ。満員電車の中で、マスクもせずにゴホンゴホンやってるヤツなんかは、もはや犯罪と言ってもいいくらいだよね(笑)。いくらなんでも今はいないと思うけど(笑)。

 明日の土曜日午前中は、久し振りに本格的お布団読書をする予定だ。とはいうものの、朝早い時間帯は布団から出している手が寒く感じるようになって来た。これからは、本を持つ手が悴むような底冷えの朝もあるだろうし、お布団読書受難の季節の到来だ。まあ、手が冷たかろうが、凍えようが、俺はめげずにやるけどね(笑)。さて、そろそろ10月も終わりだ。ジャネーさん、ますます加速しているような気もするので、この分だとあっという間に新年が、続いて春が、そして待望の夏も来ることだろう。では皆様も、10月最後の週末を有意義にお過ごしください!





寄り添えばページ跨がる詩のように嫉妬と思慕は紙一重だね  (まるひら銀水)






にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!
関連記事

ソラ屋にはソラ屋だけの特権がある ── 望夏日記 令和三年十月二十八日(木)

6 Comments
さえき奎(けい)
VHFアンテナのある空景 (その30)「VHFアンテナのある空景 (その30)」 Canon EOS 5Ds R, EF24-105mm F4L II IS USM, f16, 1/500sec., ISO100, WB:Daylight
 強風の吹き荒れたある日の午後、南天に波状高積雲が進んで来たと思う間もなく、各雲片が崩れて波状雲全体がもやっとした塊の集合体になった。よく見るとその塊一つ一つは全て尾流雲だった。雲の端にはうっすらと光環もかかっている。どうってことのないカットに思えるかも知れないが、俺が秘かに気に入っている一葉なんだよね(笑)。こうしたさりげなくもダイナミックな空のショウを独占できるのも、ソラ屋の大きな特権の一つだ(笑)。

 そのソラ屋と言えば、専ら滝屋をやっていた時代に比べて撮影時についつい忘れがちになったことがある(笑)。例えば光環や彩雲は太陽がフレーム内に入るので、眼を傷めないようになるべく(あくまでも「なるべく」だが)ライブビュー撮影(ファインダーを覗かずカメラボディ背面のモニターでフレーミングする撮影法)するようにしている。その際AF(オートフォーカス)ではレリーズ出来ないことが多いのでMF(マニュアルフォーカス)撮影するんだが、その後AFモードに戻し忘れてずっとMFのまま撮っていたなどというヘマをよくやらかす(笑)。当然のことながらMF時に設定してあった焦点距離で固定された状態になっているんだが、そうすると微妙にピントが来ていないカットがけっこう出て来るんだよね。雲なんか全て「無限遠」にしとけば問題ないんじゃないかというと、実は必ずしもそうではない。ウソじゃないって、やってみたら分かると思うよ(笑)。

 滝屋専門だった時代にも、水の流れは(当時の)AFでは合焦しないことが多かったので、近くの別の被写体で代替測距してAFロックするか最初からMFを使うことも多かった。ただ99%以上が三脚撮影だったということもあり、MFでも必ずフォーカスエイドで合焦を確認してからレリーズするので、こんな問題は起こらなかったんだよね。まあ、だからファインダー内の合焦ランプ点灯を都度確認すればいいことなんだが、たいていの場合状況的にかなり焦っているので、そのまま続けてレリーズしてしまうんだよね。おまけに俺はあのピーピーという電子音が好きじゃないので「合焦音を鳴らす」設定を最初から切ってあるんだが、こういうことならオンにしておいた方がいいのかも知れない。

 ついでに言うと、そもそもレンズの「距離表示目盛」(距離指標目盛)はかなりテキトーというか、あくまでもおおよその目安なのであまり信用しない方がいいよ(笑)。とは言うものの、信じられないことなんだが最近のミラーレス一眼の交換レンズには端から距離表示目盛が付いていないそうだ。まあ、銀塩時代からレンズメーカーの普及タイプにはそういう製品もあったように記憶しているんだが、目安程度だとしても付いてるのといないのとでは使い勝手がまるで違う。特に風景写真派にとってはかなり深刻な問題だと思う。そうそう、風景写真には必須であるはずの「被写界深度目盛」も銀塩時代には既に消えてしまっている(そもそも直進式は別として、回転式のズームレンズには構造的に被写界深度目盛を付けられないから、俺は常に「過焦点距離早見表」を携行していた)。メーカーにはコスト削減とかいろいろ言い分もあるんだろうが、俺には到底理解出来ないし、許しがたいことだと思うんだけれど、今はそんな時代なのかねえ。ミラーレス一眼で風景を撮っている人って、そこら辺りを一体どう折り合いをつけているのかすごく気になるよ(笑)。まあ、メーカーがそういう手抜きをやっているなら、今後も俺がミラーレス一眼を検討することは絶対にないだろうなとは思う。

 他にも、夕景撮影時にISO感度を400とか800に設定したまま100に戻し忘れて、翌日の昼間もそのまま撮影していたり、あるフレーミングでf16に絞って撮影した後、そのまま気づかず撮影していたりとかいろいろやらかしている(笑)。俺は滝屋専門だった時代には、ほぼほぼ三脚撮影オンリーという世界で長い間やって来たんだが、同じ写真とは言うものの三脚撮影と手持ち撮影とでは世界が全く違うということを強く実感している昨今だ。

 こうして今宵も駄文をを書き連ねているということは、昨夜の夕餉の解凍マグロの漬け丼は何事もなく無事にお召し上がりになったということだ(笑)。まあこれはマグロに限った話でも、決して誉められたことでもないんだが、俺の経験から言うと冷凍する時点で傷んでさえいなければ、何ヶ月経とうが、風味が落ちて不味くなっていようが、水分が飛んでバサバサになっていようが、それを食っても死ぬことだけ・・はないみたいだね(笑)。うん、大丈夫だって。大体もったいないじゃないか(笑)。





今日もまた失くした栞探してる 翼ついてたことなど忘れて  (まるひら銀水)






にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
  大変お手数ですが、 ワンクリック のご支援をお願いたします! 「にほんブログ村ランキング」に参加しています。みなさまの ワンクリック のご支援が何よりの励みになります!

 
関連記事

【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い)

【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い):私たちの店内営業チームは、すべての顧客の個人的なニーズと予算を確実に理解し、技術を購入する際に最良の選択をするのを支援します。 即納,人気,新作販売【お得なクーポン配布中!】 HIS イタリア お土産 キャンティ 赤ワイン 6本(イタリア 土産 お土産 みやげ おみやげ ワイン 赤ワイン 酒 キャンティ まとめ買い)